ゆなん房絵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成25年度 畑その後(中編:8〜11月)

<<   作成日時 : 2014/02/22 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

続きです。7月〜8月がとにかく目まぐるしくてネタも多いので、分割してお届けしております。

【2013年8月】

2013年の8月は日照りで難儀しました。
↓ゴーヤの完熟状態をはじめてリアルでみました。すごい色!(笑
画像


↓8/12 枝豆を完熟させて大豆にしてみました。(笑 カリカリに干からびさせて収穫。
画像


↓8/14 8月はじめごろから頻繁にモグラが出るようになりました。といっても、本体ではなくトンネルを確認。
画像


↓畑の北東側の藪の緑が濃いです。
画像


↓ミニのトマト最盛期。株の高さは2mを超えました。
画像


↓8/16 シカクマメ。一番暑くなった8月後半から勢いがでてきました。
画像

↓同日、シカクマメ。
画像


8月中盤はモグラの脅威がMAX。モグラが人参の芽の下にトンネルを掘りまくるのと、日照りが続きまして人参が枯れる×枯れる。
↓8/17  水を撒いて黒く湿った部分がニンジンが生き残った部分です。初めは約8m×2列に3センチごとに芽がでてたのに!
画像

日照りは8月の下旬にやっと解消したんでしたかね。

【2013年9月】
↓9/1 まだ暑いですが、秋ジャガの作付をしたところ。画面右下半分のエリアに、アンデスレッド、ニシユタカ、デジマを植えました。3畝。その横に聖護院大カブも種まきしています。
画像


↓暑いので熱中症注意。トマトの株が生い茂っています。ですがもう最盛期は終わって収量は減りはじめました。
画像


↓9/21 数日前にかなり大きい台風が直撃しまして、すべての夏野菜がトドメをさされました。もっと倒壊していたので手で立直しましたが、これで夏は終わりだなあと。すべての株が傾いでいます。(笑
画像


↓同じ9/21 そんな感じで、台風が去ったのを機に、白菜とコールラビの苗を定植。画面中央の畝と右の畝が白菜。
画像


【2013年10月】

↓10/6 さて!とうとうサツマイモ(ベニオトメ)の収穫です。まずは茂みを引っぺがします。お布団みたい。(笑
画像

↓でたー! 少しずつ収穫したいので20株中、5株だけ収穫。この日は約7kg。
画像
4回に分けて収穫したサツマイモは、全20株で合計28kgくらいとれた感じですねえ。

↓10/13 秋野菜各種。 コールラビは白い不織布でトンネルにしています。虫よけと保温。
画像


【2013年11月】

↓11/3 聖護院大カブ収穫。このあと2月までぼちぼち分けて収穫。
画像


↓11/9 秋の収穫です。無事に里芋も採れました。
画像


↓同日。白菜の葉が巻き出しました。はじめリーフレタスみたいなんで心配しました(笑
画像


↓11/9 晩秋の畑。周りの草がかなり枯れてきました。
画像


↓11/26 コールラビ収穫。茎の丸く肥大した部分を食べます。味はズバリ、ブロッコリーの芯(おいしい)。(笑
画像
しかし、なんで手間暇かけてわざわざブロッコリーの芯(違)を作るんだろう…と思ったのですが。
コールラビとブロッコリーとの決定的な違いは、ラビは貯蔵性が素晴らしく良いのです!ビニール袋に入れて、1か月冷蔵庫に放置してもまったく大丈夫。欧州?の貯蔵用冬野菜?なんでしょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

平成25年度 畑その後(中編:8〜11月) ゆなん房絵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる